ホーム > 聖書の学び > 基本的な教理 > 救いの大切さ

救いの大切さ

タイトル: 救いの大切さ

I. 初めに

人生でたいせつな物がいくつかあります。 ― 友達  - 仕事  - 食べ物  - 家族 ― 家   - 洋服  - 教育   - 健康

けれども、実は、これらの物よりももっと大切な物があります。

マルコ8:36-37 8:36 人は、たとい全世界を得ても、いのちを損じたら、何の得がありましょう。 8:37 自分のいのちを買い戻すために、人はいったい何を差し出すことができるでしょう。

この箇所によると、私達は皆、この世の物より、実はこの世その物より、もっと価値がある物を持っています。それは、あなたの魂です。魂は失う可能性があります。聖書によると、私達の魂を地獄から救い出す必要があります。

イザヤ53:10 しかし、彼を砕いて、痛めることは主のみこころであった。もし彼が、自分のいのちを罪過のためのいけにえとするなら、彼は末長く、子孫を見ることができ、主のみこころは彼によって成し遂げられる。 *KJV=soul  永井訳=魂

使徒2:31 それで後のことを予見して、キリストの復活について、『彼はハデスに捨てて置かれず、その肉体は朽ち果てない。』と語ったのです。    KJV=hell  永井訳=陰府

イエス・キリストは地獄に行って、キリストの魂は私達の罪のために苦しみを受けました。

II. どうして救いが必要か?

この世に生まれたすべての人は、いつかは死にます。これは一般法則で、例外はありません。ローマ書5章にその理由が書いてあります。

ローマ5:12 そういうわけで、ちょうどひとりの人によって罪が世界にはいり、罪によって死がはいり、こうして死が全人類に広がったのと同様に、――それというのも全人類が罪を犯したからです。

皆、死ぬという理由は私達がアダムから罪のある性質を相続したからです。例外がありません。赤ちゃんがこの世に生まれると、その赤ちゃんは罪を犯す性質を持ちます。最初はわかりにくいけれども、2,3歳になると、その子供はいろいろな問題を起こすようになります。

実は、聖書によると、嘘をつく人は、天国に入ることができません。

黙示録21:8 しかし、おくびょう者、不信仰の者、憎むべき者、人を殺す者、不品行の者、魔術を行なう者、偶像を拝む者、すべて偽りを言う者どもの受ける分は、火と硫黄との燃える池の中にある。これが第二の死である。」

これは、私達にとって問題です。そして、別の箇所で、私達が何かを盗んだことがあれば、神の国を相続することができません、と書いてあります。

1コリント6:9-10

6:9 あなたがたは、正しくない者は神の国を相続できないことを、知らないのですか。だまされてはいけません。不品行な者、偶像を礼拝する者、姦淫をする者、男娼となる者、男色をする者、 6:10 盗む者、貪欲な者、酒に酔う者、そしる者、略奪する者はみな、神の国を相続することができません。

聖書には、いろいろなことがはっきり書いてあります。酒に酔う者は、神の国を相続することができません。実は、この地上に罪のない人間は、存在しません。

ローマ3:23 すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、、、

ですから、すべての人間は、救いが必要です。救いというと、危険から救い出されるという意味です。地獄は危険です。地獄は神様の怒りを表す所です。誰が、永遠に神様の怒りを受ける者になりたいでしょうか。

ヨハネ3:36 御子に聞き従わない者は、命を見ることがなく、神の怒りがその上にとどまる。

ローマ1:18 というのは、不義を持って真理をはばんでいる人々のあらゆる不敬虔と不正に対して、神の怒りが天から啓示されているからです。

神様は、私達を、身体、魂と霊とに創造しました。

1)死ぬ時、私達の身体は、土に帰ります。

創世記3:19 あなたは顔に汗を流して糧を得、ついにあなたは土に帰る。

2)人が死ぬ時、霊は神様のもとに帰ります。

伝道者12:7 ちりはもとあった地に帰り、霊はこれを下さった神に帰る。

3)人が死ぬ時、魂は身体を離れて、永遠に生きます。あなたの魂は永遠で、2つの場所のどちらかで、その時間を過ごします。天国か地獄です。

ルカ16:22-23

16:22 さて、この貧乏人は死んで、御使いたちによってアブラハムのふところに連れて行かれた。金持ちも死んで葬られた。 16:23 その金持ちは、ハデスで苦しみながら目を上げると、アブラハムが、はるかかなたに見えた。しかも、そのふところにラザロが見えた。

身体は、葬(ほうむ)られましたが、彼(金持ち)は、地獄で目を上げました。彼の魂は、地獄で目覚(めざ)めました。

もし、私達が、第1コリント11節を読むと、パウロはコリントの教会の、あるクリスチャン達に話しています。

1コリント6:11 あなたがたの中のある人たちは以前はそのような者でした。しかし、主イエス・キリストの御名と私たちの神の御霊によって、あなたがたは洗われ、聖なる者とされ、義と認められたのです。

前は、盗む者であり、騙(だま)す者であり、姦淫(かんいん)をする者、酒(さけ)に酔(よ)う者だったこの人達が、洗(あら)われて、聖(きよ)められ、神様に対して義と認(みと)められたのです。

洗われる=きれいになる 聖別(せいべつ)される=聖(きよ)くされ、神様のご用(よう)のために、分(わ)けられる 義とみなされる=律法に従って義と証明(しょうめい)される

III. 人は、どうやって救われるでしょうか?

この質問に答えるために、いくつかの聖書の箇所(かしょ)を見てみましょう。

1. この世を愛したのは誰でしょうか。

答え:神様 ヨハネ3:16

2. この世のすべての人のために、神様が捧(ささ)げたのは、誰でしょうか。

答え:神のひとり子 ヨハネ3:16

3. 神のひとり子は、誰でしょうか。

答え:イエス ヨハネ20:31

4. 神様は、この世を裁(さば)くために、ひとり子のイエスを送ったのでしょうか。

答え:いいえ ヨハネ3:17

5. どうして神様はこの世にひとり子を送ったのでしょうか。

答え:世が救われるため。 ヨハネ3:17

6. いつ、信じない者が裁(さば)かれると、聖書に書いてあるでしょうか。

答え:もうすでに裁(さば)かれています。 ヨハネ3:18

7. この問題を解決(かいけつ)するために、人類(じんるい)は何をしたらよいのでしょうか。

答え:新しく生まれなければなりません。ヨハネ3:3

8. この世のひかりとは、誰のことでしょうか。

答え:イエス ヨハネ8:12

9. 人は、どうやって「もう一度生まれる」のでしょうか。

答え:イエス様を受け取ること  ヨハネ1:12

「あるお方」を私達の心と人生に受け取ることが、違(ちが)いを生(しょう)じます。

10. 主イエスを救い主として信じ、受け取ることは、どうして大切なのでしょうか。

答え:イエス様が神様へのただ一つの道だからです。 ヨハネ14:6

11. 一度救われたら、救いを失うことがありますか。(サタンが私達の魂を失わせることができますか?)

答え:いいえ ヨハネ10:27-29

IV. 救いを先に延(の)ばさないでください

人間の傾向は、年を取るまで、天国や地獄のことを考えないことです。けれども、聖書には、私達への勧(すす)めが書いてあります。

2コリント6:2 神は言われます。「わたしは、恵みの時にあなたに答え、救いの日にあなたを助けた。」確かに、今は恵みの時、今は救いの日です。

あなたは、今まで、何かを先に延(の)ばして忘れてしまったことがありますか。ある人達は、救われることを先に延(の)ばして、時間が経(た)つと、大切さが薄(うす)れて、忘れてしまう人もいます。

イザヤ55:6 主を求めよ。お会いできる間に。近くにおられるうちに、呼び求めよ。

V. 結論

参考:ヨハネ3:8

聖霊は、風(かぜ)のようです。あなたは見ることができません。けれども、あなたはその効果(こうか)を見ることができます。聖霊が、人の魂にどのように働くか、あなたはわからないかもしれませんが、あなたの内にいる聖霊の働きを見ることができます。時には、風(かぜ)が吹(ふ)きます。時には、吹(ふ)きません。それは、私達にとって、奥義(おくぎ)です。